愛知県岡崎市藤川町にある臨済宗妙心寺派のお寺

一畑山薬師寺

open

一畑山薬師寺について

HOME > 一畑山薬師寺について

管長様 ごあいさつ

本堂

全国の皆様に「いちはたさん」と親しみを持って呼ばれています。

当山は臨済宗妙心寺派に属し、御本尊、一畑薬師瑠璃光如来様のご利益、現世安穏利益を流布させていただいている寺院でございます。

現世安穏利益とは、今この現世に生きる私たちのあらゆる祈り、願いを受け止めてくださる大変ありがたい仏様のご慈悲でございます。

初代主管の御教えの中で特に分かりやすい御教えに、
“小さいことでも少しでも、悪いことならさけましょう 正しい道を行くことが、お薬師様の教えです”
“小さいことでも少しでも、良いこと進んで致しましょう 明るい道を行くことが、お薬師様の教えです”
“小さいことでも少しでも、皆の為に尽くしましょう 捧げる道を行くことが、お薬師様の教えです” (「誓の言葉」より)
と、ございます。

人間ですから、どなた様でも心に魔の差すこと、間違いはあることと思います。同じ地球の中で、同じ空気を吸い生きているのですから「共に生きること」、これこそが正しい仏様の御教えだと思います。

そのためには、自身を見つめ直し、その至らなさを懺悔する。その一つずつの積み重ねが幸せへとつながります。

“我を見つめ、我を掘り下げ、我を知る” (お薬師様ご仏説より)

お薬師様の御教えを実践しながら、ともに幸せになるために、ともに勉強させていただきましょう。

一畑山薬師寺 管長 九拝

成立ち

現世安穏利益の仏様

当山臨済宗妙心寺派一畑山薬師寺は、寛平6年(894年)に創開された出雲市小境町医王山一畑寺の御分霊を頂き、昭和23年に現在の名古屋市千種区春岡に開山されました。
ご本尊の一畑薬師瑠璃光如来様は、約1,100年前に御出現をされ、現世安穏利益の仏様であられます。この世の様々な願いを叶えていただき、幸せをお守りいだだく大変にありがたい仏様でございます。
初代主管は生き如来様として衆生済度(全ての生き物を救い、悟りへといざなうこと)を通して、多くの方をお救いになり、人としての生きる道をおさとしくださいました。
“お薬師様”と皆様に親しまれ、開運・厄除け・家内安全・良縁・交通安全・商売繁盛・病気平癒・合格祈願・不浄祓い・家相図面祈祷など、多くのお方様にお参りいただくようになりました。

  • 初代主管大峠重信様

    初代主管

  • 名古屋別院発祥の地

    発祥の地 名古屋別院

岡崎本堂上棟式・入仏式

その後参詣者様は日増しに増え、昭和33年10月、「名古屋トヨペット株式会社」社長小栗虎之介様を会長として一畑山薬師寺奉讃会が結成されました。(その後小栗七生様、小栗 一朗様へと引き継がれています。)
「将来、お寺(名古屋)から東南方向に土地が授かる。」と生き如来様が申された通り、昭和35年10月岡崎に7万坪の土地が授かりました。当初は一人がやっと登れるほどの山で、こんな土地にと誰もが思いましたが、多くの方のご尽力で昭和55年10月12日、元総理大臣福田赳夫先生をお招きし、岡崎本堂の入仏式が挙行されました。そして岡崎を岡崎本堂とし、名古屋が名古屋別院となりました。

  • 上棟式における一畑薬師瑠璃光如来様(散銭、散餅)

    上棟式における散銭、散餅
    昭和51年5月2日

  • 文殊菩薩様智慧授け供養祭 バス71台、乗用車180台が駐車

    文殊菩薩様智慧授け供養祭
    バス71台、乗用車180台が駐車
    昭和52年4月17日

  • 臨済宗妙心寺派大本山妙心寺松山寛恵管⾧猊下御来山(右端)

    臨済宗妙心寺派大本山妙心寺
    松山寛恵管長猊下御来山(右端)
    平成6年11月26日

  • 臨済宗妙心寺派大本山妙心寺専門道場岫雲軒(しゅううんけん)老大師御来山(中央)

    臨済宗妙心寺派大本山妙心寺専門道場
    岫雲軒(しゅううんけん)老大師御来山(中央)
    平成26年10月7日

御霊泉の湧出

生き如来様が「授かった霊地の竹藪の一角を掘れば温泉の湯が出る。」とお示しをされ、本堂としての概要が整った平成元年、温泉掘削工事が計画されました。
専門家を交えての地質調査の結果、2億年以上前の強固な岩盤が広がっており、「十が十そこの箇所では温泉は出ない」と判定されましたが、お告げを信じ工事が始まりました。
1,000mまで進んだところで1日に1mがやっと、1,250m掘れどもいっこうにその気配が見受けられず建設会社の方も悲観的な見方をされました。
8ヶ月を費やした平成2年、1,500mまで掘ったところでついに泉温22℃無色透明の温泉が湧き出し、驚きと喜びに包まれました。
絶対に出ないはずの温泉が出たこの不可思議に対し、東北大学の教授(当時)より「御霊泉」と名付けられました。

  • 御霊泉
  • 御霊泉
ご霊泉の紹介

ご真言

おん ころころ せんだり まとうぎ そわか

ご真言

誓の言葉(ちかいのことば)

誓の言葉

一畑薬師瑠璃光如来精神
(いちはたやくしるりこうにょらいせいしん)

一畑薬師瑠璃光如来精神

お茶湯(おちゃとう)

一畑山薬師寺を訪れる参詣者様の多くがこのお茶湯様をお求めされます。
このお茶湯様は一畑薬師瑠璃光如来様の海八百五十年、茶畑千年のご修行によるお恵みがこめられていて、心身の穢れを除き、多くの病に霊験あらたかな大変ありがたいお茶でございます。
お茶湯様をいただく際は、薬師如来様のご真言“おん ころころ せんだり まとうぎ そわか”と心から七回お唱えくださいませ。
毎日ご真言を唱え、このお茶湯様をいただくことで薬師如来様のお力をいただくことができます。
お淹れする際は、香ばしい香りがしてくるまで沸騰したお湯で煮出してていただきますと、美味しくお飲みいただけます。

お茶湯

この他のご質問など
お気軽にお問合せくださいませ

  • 岡崎本堂
    0564-48-7111

    8:30~17:00

    瑠璃光殿(涅槃像様) 拝観時間
    10:00~15:00(土日祝は9:30~15:30)

  • 名古屋別院
    052-761-2105

    9:00~17:00

ともに 年中無休・ご祈祷受付は16時まで